野村地域自治振興協議会とは?

平成23年6月1日、既存の地域団体である農友地区、町地区、川東地区、愛農地区の4地区代表者等で野村地域自治振興協議会(以下のむら自治振)が設立された。
主となる地域活動は既存団体が行っていたため、のむら自治振としての役割は交付金の取扱のみであったが、平成25年度より地区盆踊り大会や朝霧ロードイルミネーション事業などへ関わるようになり、協議会としての活動の幅が少しずつ広がっていった。平成27年度からは、それまでの各団体長のあて職による組織体制から一新し、事業展開をより素早く、野村地域の将来に繋がる事業を進めるべく部会制を導入した。これにより各事業の拡充や新しい事業を展開することが出来、今後につながる大きな基盤となる。また若い世代の各事業への関わりが増えたことにより、次世代を担うリーダーが育ってきたことも大きい。
人口が減少していく中、地域内で協力して地域づくりをしていく必要がある。そのためには地域を支える組織が必要であり、その役割をのむら自治振が担う。地域資源の振興や施設の活用、地域間又は都市部との交流促進、野村地区の情報発信、青年層や中高生といった次世代のリーダー育成を図るなど、小規模多機能自治組織として住民を巻き込んだ事業展開を行っていく。

イベント情報


募集中

随時募集中

桂川渓谷満喫ジオツアー

≪詳細はこちら≫

募集中

募集期間12月~3月

農家見学ツアー

(有)フローラルクマガイ(シンビジウム農家)

≪詳細はこちら≫


スケジュール


こじゃんtea


こじゃんteaは、乙亥会館地階にビジターセンター&カフェとしてオープンしました。
野村産猪肉を使った「乙亥カレー」と野村産猪骨からスープをとった「乙亥ラーメン」がおすすめです。
西予市野村町へお越しの際は、ぜひお越しください。
定休日:毎週木曜日
営業時間:10時~16時
(ランチタイム 11時30分~14時30分、団体・宴会等要予約)